シキさんのお家を改装してみた


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

昨日の今日でこんにちは!
できるときに書か無いと平気で月を跨いで放置する性質のあるアッコさんです。
最近別のブログも作り出しました。
死ぬ気がする。

ffxiv_20161015_035741.jpg
さて、本日はこのブログにも度々名前が上がる「シキさん」のお宅の改装話です。

FC独立後、かねてから欲しがっていたマイホームを手に入れることができたシキさん。
しかし、中々内装が決まらず放置しっぱなしだったんだとか・・・・・・

遊びに行ったシキさんのお家には、何故か「セニョールサボテンダートロフィー」がポンと1個だけ置かれていたり、ポツンと寂しそうにピアノ単品が置かれていたりと、中々殺風景な状態。

そこでシキさんが思いついたのは「アッコがおるやないか」(※シキさんはこんな事言いませんよ)的なものだったらしいです。
なんと、アッコさんに給料を出すのでハウジング改装をしてくれとのお申し出を頂きました。

むしろいいのか?!ワシで?!(΄◉◞౪◟◉`)

そんなこんなでいじらせていただきましたシキ邸宅!
続きからどうぞ~

 





まずはシキさんにどんなおうちがいいのか聴取をしました。

シキ「ホテルかバーみたいなのがいいな」
  「地下にバーが欲しい」
  「1Fが受付で、2Fが泊まる所みたいな」


アッコ「ホテルとホステルどっちがいい?」

シキ「ホステルとは?????」

初っ端から相手を混乱させるアッコさん

※ホステル※
 主に宿の主が個人もしくは少人数で客を迎えるタイプの宿泊施設の総称。
 ホテルとは以下の明確な違いがある。
 ■宿泊料などが安価
 ■相部屋や素泊まり、簡易宿泊のスペースがあり、個室よりそれらがメインとなる
 ■宿泊客同士のコミュニケーションが主な目的にあるため、共有スペースが存在する
 ■基本的に小規模で、事業として大展開する物はほぼ無い


コテージタイプの宿泊施設とか日本でもホステルありますよね。
まあそんな混乱するようなことから聞いてみたわけですが、シキさんは一人暮らしなのでホテルとホステルの中間的なアレでソレな感じを目指しました(語彙力の欠如)

その他アッコさんの持っているシキさん情報(と言う名のイメージ)を元に考えていきます。

●シキさんは緑色が好き
●場所がラベンダーベッドでお家も木造り
●シキさんといえば木工師マイスター!(重要)
シキさんはおしゃれ!!!!!!
●シキさんはイケメン(←?)
●なんかピアノを真っ先においてあったから多分好きなんだろう(勘)
●シキさんは「愛蔵の紀行録」をよく使っている
●シキさんはお茶目
●シキさんといえば漁師!
●シキさんはおしゃれ帽子スタイルが多い(重要)



<その結果生まれた1Fのエントランスがこちら>
ffxiv_20161012_021505.jpg

お客様(ゲスト)をお迎えするならやっぱり正面エントランスでしょう!
元気な声で「いらっしゃいませ!」

ffxiv_20161012_021256_201611021237249d6.jpg
ちなみに設置方法というか、正面から見たお魚も、後方にある緑の壁掛け鉢植えも「浮かし」で設置しています。
お魚を置いているのは「シキさんといえば漁師」のイメージからですね。

マットが緑色なのも壁に緑があるものを選んでいるのも、アッコさんの中でのシキさんのイメージカラーとラベンダーベッドのイメージカラーが緑だから(*´∀`)
エントランスは明るく!というのも白+緑なこの壁紙が相性良いかなと思います。
床が木のままなのも光の反射がツヤっとしていて緑に合うからです。
ぐあああ落ち着くうううう

(※基本的に自分の好みで作っています)

また、個人的なこだわりとしまして、使用人以外のハウジングNPCは「1F」で「いつでも操作しやすい」設置であるべきだと思っています。
他にもリテイナーベル&FCチェストも「家の中に入ってすぐ触れる、迷うことなく、NPCから離れなくても扱える位置」が割りとハウジングユーザーの中では鉄則事項としてインプットされているため、「受付」という概念は多くのハウジングで見ることができますね。

まあほら、ハウジングのいいところって、必要な施設が概ねまとまって利用できるってのがあるし、利便性を自分で追求できるのも重要な要素ですからね。

その他に「愛蔵の紀行録をよく使っている」というイメージから、設置場所がこんなことに。

<紀行録>
ffxiv_20161102_133744.jpg
随分シキさんはこれがお気に召した様で、とても喜んでくれました。
椅子に腰掛けて紀行録を読みふけるシキさん、イイ!
※実際には紀行録を使用する際に座ることはできませんw

<エントランス横1>
ffxiv_20161012_021727.jpg
エントランスと言えば待合スペース。
窓からの差し込む光に強いこだわりを持つアッコさんですが、緑の椅子が床の木の色と合っている中、デデーンとチョコボピアリー。

ハウスに入って最初に目につく使用人かーらーーのーーーー

チョコボwww

となることを想定して置きました。
黄色って緑や茶色と相性バツギュン()ですからね!
地下工房への扉があるので、お客さんが来たらとりあえず座れるスペースっていうのも兼ねています。

なおすべての家具はSS撮影をすることを前提に設置されていますのでカメラにしっかり帽子を引っ掛けるアイツも入る(重要)
→→「シキさんはおしゃれ帽子スタイルが多い」から来ています

<エントランス横2>
ffxiv_20161012_020048.jpg
おや・・・・・・?

そう、これこそ、シキさんが自ら設置していた数少ない家具「御用邸のハープシコード」、通所「ピアノ」です。
ピアノの前に腰掛けているシキさんを想像するのだ・・・・・・おお・・・・・おしゃれやで・・・・・・と思いながらライトの演出をぶち込み、オーケストリオンをセットにしました。
これは「シキさんといえばおしゃれ」という個人的イメージをぶち込んだスペースといえます。

ちなみに照明を落とすと本番モード

<ライトアップ>
ffxiv_20161012_020242.jpg ffxiv_20161012_020301.jpg ffxiv_20161012_022717.jpg ffxiv_20161015_041722.jpg

「やだシキさんカッコイイ・・・・・・」 と巷の女子たちにウケるはずだ!
(少なくともアルパカは堕ちます)

上記のSSに1枚変なものがありますね?
さて、この仕組をご案内です。

<階段下>
ffxiv_20161012_022623.jpg
アッコさんの大好きな「隠し部屋」でございます。
タイトルの通り、こちらは階段下スペース!

ffxiv_20161012_022603.jpg


前回のFCハウス改装日記でも書きましたが、階段の壁は内側から外を見るときにマジックミラーになるので、ピアノも特等席で見れますし、誰にも見つからずに放置もできますし、ベッドが入っているので個室に行かなくても休憩できます
(個室いけよ)

どうしても作っちゃうんですよねこういうのw

では2Fへ行ってみましょう。
2Fはお泊りスペースです。

<ミニチュアのよう>
ffxiv_20161015_000137.jpg
ホールと言うほどではないスペースって好きなんですよね。
宿泊スペースなので明かりは落ち着いた色合いに。

ffxiv_20161015_000104.jpg

扉の向こうは少し高めの料金のお部屋2つと、簡易個室1つです。

<簡易個室>
ffxiv_20161015_000352.jpg ffxiv_20161015_000418.jpg ffxiv_20161015_001035.jpg ffxiv_20161015_001031.jpg
木漏れ日、いいですよね。
森の中の宿泊施設・・・・・・・ノスタルジック・・・・・・

ffxiv_20161013_072441.jpg

人ん家でくつろぎすぎ問題

このベッドはグリダニアGCに所属している人しか入手できないんですが、マケボの出品が0件で購入することもできず、お友達に売ってもらいました。
作成もできないんですけど、グリのベッドはお花もついて緑もあって本もあってと超優秀ですぞ・・・仕切りいらないしな・・・・・・

さて、続いて「青い扉」の少しお高めの部屋へ入ってみましょう。

<青扉の部屋>
ffxiv_20161015_001119.jpg
反対側の緑の扉とミラー置き(間取りが同じ)になっていますが、こちらは窓辺からの光があるタイプ。

ffxiv_20161015_001135.jpg

木漏れ日を感じたい方はこの青い扉のお部屋がいいですね。朝とか爽やかです。
ラベンダーは鳥の声が聞こえるのでアサチュン体験できる

<緑の扉>
ffxiv_20161015_000036.jpg
緑の扉のお部屋は窓なしでシックな明かりが1日中続くお部屋です。
暖炉あったけぇ~~~~冬向けかも?

ffxiv_20161015_000047.jpg

ノスタルジィック・・・・・・

<簡易宿泊スペース>
ffxiv_20161015_001627.jpg
扉の手前の部分は素泊まりを想定した非個室の簡易宿泊スペースで、シャワーもございます。

ffxiv_20161015_001815.jpg
アッコさんは旅行にいく際にこういった非個室でも割りと平気な人なので、あったかみのある色合いの建物でベッドイン・・・・・・
最高かよ・・・・・・とかいつも思います(個人の感想です)

以上、2Fでした。





メ イ ン の 地 下 へ 

シキさんはおしゃれ」というアッコさんの個人的イメージを全てつぎ込み圧縮し濃縮したような空間、それが「地下バー」。
シキさんが欲しがっていたスペースでもある地下バーは、ハウジング系でも特に人気のあるコーディネートテーマかと思います。
◯◯バーのイベントも最近頻発していますよね。

アッコさんちはホラーレストランだったけど

では早速地下へ降りてみましょう

<地下へ>
ffxiv_20161102_125437.jpg
サボテンダーに誘われ・・・・・・

ffxiv_20161012_020856.jpg
階段を降りていくとそこは・・・・・・

ffxiv_20161015_004847.jpg ffxiv_20161012_020749.jpg ffxiv_20161015_004801.jpg

 こ こ に シ キ さ ん が 立 ち ま す 

シキさんも気に入ってくれたようで、お給料を上乗せまでしてくれました。
シキさん以外で一体どれだけの人がここに似合えるのか・・・・・・その人数が極めて少ないというのはわかります・・・・・・
似合い過ぎか・・・・・・
※シキさん用に作ってるので似合わないとダメだと思います

ffxiv_20161015_033112.jpg
苦手なお酒もいっぱい飲めそう!

ffxiv_20161015_033031.jpg
1Fのピアノと一緒で、壁掛け照明がシキさんに直撃するように浮かされています。
背後の水槽も棚も全部浮いています。
多分過去アッコさんが作ったどのハウジング内装よりもおしゃれだと思います。

ついでにいうと、これで照明の明るさはMAX。
照明を0にするとシキさんの立っている場所が強調される感じに。

照明のON/OFFで雰囲気チェンジ大好きすぎ問題




<お庭>
ffxiv_20161015_041222.jpg
ついでにお庭もイジらせてくれました

ffxiv_20161015_041251.jpg ffxiv_20161015_021539_2016110214030168f.jpg ffxiv_20161015_035455.jpg ffxiv_20161015_040529.jpg ffxiv_20161015_040224.jpg


シキさんは木人も結構使っていたような気がするので、半分が戦闘用スペース、半分がゲスト用スペースになっています。
奥のセフィロト庭具に木人とミニエーテライトが埋められております。


<おまけ>

畑がないなーと思ったら、家と囲いの間のかすかなスペースに突っ込まれていて笑いましたwww

ffxiv_20161015_021929.jpg

ヒドゥ~イwww





こんな感じでシキさんちの改装は幕を閉じる。
超楽しかった。
シキさんありがとう!またなんかあったら呼んで!




これら家具はインスピレーション(勘)で置いています。
Qu兄弟の兄の方」こと、ポチャ氏が言うには「アッコさんのように構想を立ててから家具を置くとかできない」とのことなんですが、

構想立てて家具置いたことは一度もないので、本能のままにぶっつけ本番設置です。
だから家具だけで8人もリテイナー使うんだよ

難しいことはよくわからない脳みそがクラゲの親戚系アッコさんなので

「ここにこいつ置きたいじゃろ?置くじゃろ?うーんこいつもくっつけてみたいね?」
→完成間近で「やっぱやーめた撤去♪撤去♪(゚∀。)」

とかを繰り返す効率の悪いことをいつもしています。
ハウジングなんて勘なんだよ!!!!!

多分今回の記事で一番使われている単語は「勘」です。





~ シ キ さ ん と は ~

ひとことでいうとイケメンエレゼン。
ちょっとおヒゲを生やすのがこだわりのようです。
白髪が好きです。以前はオスッテだった時代があります。
だいたいなんでもできますが、レンジ職をメインとしたクソ強いイケメンです(語彙が足りない)
おしゃべりしまくるタイプではないですが、おちゃめで優しい(たぶん)、だが零式勢、とてもつよい(語彙が足りない)
最近ルガディン♂のタンクで遊ぶのにハマっているらしいです。
たまに「クァー」「カーッ」と鳴きます。最初鳴き声かと思ったよ

「シキさんだっておこることがある。おこるんだぞ。シキさんだって怒るんだからな。」
と、親切すぎるシキさんに感謝の極みを突破している我々は自分たちに言い聞かせる意味でよく言っています。
我が家でイケメンと話題が出たら頂点にいるのは彼です。

あるぱか 「出会い厨とかマジキモイ、セリフがまずキモい」
あっこ  「ああいうのを言って良いのはシキさんだけ」
あるぱか 「むしろ他のやつは殺す」


数々の出会い厨にターゲットインされるアルパカ(10代女子)が言うんだから間違いない。
男も惚れるイケエレゼンとは彼のことだ・・・・・・

ffxiv_20161015_034452_20161102143722d70.jpg

突然変なところにのったり、自ら黒魔のパンモロを披露したり、前触れ無く無言で串刺しのいち調整してくる。
そんなシキさんです。

<過去シキ's>
シキさん shikiさん

ffxiv_20160125_222036.jpg
もう後ろ姿がひとりだけレベル違う感じにイケメンですね。
そりゃご近所さんにシキさん見るためだけに毎日通ってに来る女性とか発生するのも納得ですよ

ffxiv_20160125_221204.jpg
エレオスの足組ずるい!(歓喜)



FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://macklotipython.blog.fc2.com/tb.php/47-38107c4d